2013年4月2日 星期二

ANDO迷的新聖地,ANDO Museum @ 直島,大阪

安藤忠雄の設計による打ち放しコンクリートの空間が、本村地區に殘る築100年以上の木造民家の中に新しい命を吹き込んでいます。過去と現在、木とコンクリート、光と闇。対立した要素が重なり合う、小さいながらも安藤忠雄の建築要素が凝縮された空間です。安藤忠雄の活動や直島の歴史を伝える寫真、スケッチ、模型だけではなく新たに生まれ変わった建物と空間そのものをご覧いただく美術館です。
在屋齡超過100歲的木結構房屋中,由 安藤忠雄設 計的混凝土空間重新獲得新生命。
從<過去和現在>,<木材和混凝土>,<光明與黑暗>,衝突的元素重疊,但簡明的空間,是安藤忠雄的建築風格縮影。透過照片、手稿及建築模型,學習有關安藤忠雄、直島的歷史。